日々これ好日。 線は、僕を描く/砥上裕將
FC2ブログ

線は、僕を描く/砥上裕將

先日、線は、僕を描く/砥上裕將 をよみました。

『線は、僕を描く/砥上裕將』

(画像クリックすると楽天ブックスへ移動し詳細がご覧になれます。)


-内容-(ネタバレ注意)
<KADOKAWAオフィシャルサイトより抜粋>
両親を交通事故で失い、喪失感の中に
あった大学生の青山霜介は、アルバイト先の
展覧会場で水墨画の巨匠・篠田湖山と出会う。
なぜか湖山に気に入られ、
その場で内弟子にされてしまう霜介。
それに反発した湖山の孫・千瑛は、
翌年の「湖山賞」をかけて霜介と
勝負すると宣言する。
水墨画とは、筆先から生みだされる
「線」の芸術。描くのは「命」。
はじめての水墨画に戸惑いながらも
魅了されていく霜介は、
線を描くことで次第に恢復していく。
そして一年後、千瑛との勝負の行方は。


-感想-
水墨画を題材にした小説。
そもそも水墨画自体をあまり
よくわからないまま読み始めたんですが、
読み進めるにしたがって物語に必要な
水墨画の世界ってのも徐々にわかってくるし
その水墨画を主人公の霜介になぜ湖山先生が
内弟子にしてまでそれを教えたかったのか
次第にわかってくるのですが、それがまたいい。

湖山先生の言う「できることが目的じゃないよ。
やってみることが目的なんだ。」って言葉や
「・・・成功を目指しながら、数々の失敗を
大胆に繰り返すこと。そして学ぶこと。
学ぶことを楽しむこと。
失敗からしか学べないからね。」などなど。
もちろん霜介に言ってる言葉なんですが、
これって仕事や人生等いろんなことに
あてはまるなぁ~なんて思いました。

水墨画なんかまったく知らなかったのに
読んだ後は少し水墨画を見たくなるような
そんなすてきな小説でした。


-登場人物-(ネタバレ注意)
【青山霜介】
  主人公。大学生
【篠田湖山】
  水墨画家。日本を代表とする芸術家。
【篠田千瑛】
  水墨画家。花卉画を得意とする。
【西濱湖峰】
  水墨画家。湖山門下の二番手。
  風景画を得意とする。
【斉藤湖栖】
  水墨画家。湖山賞最年少受賞者。
  完璧な技術を有する。
【藤堂翠山】
  水墨画家。湖山も一目置く絵師。
【古前】
  大学生。霜介の自称・親友。
【川岸】
  大学生。霜介と同じゼミ。しっかり者。


スポンサーサイト



テーマ : 本の紹介
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

おりおりパパ

Author:おりおりパパ
ひっそりとぶつぶついってます。
家族:おりおりママ(嫁)
    おりおり(息子)
    おりりん(娘)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ブログリンク
サイトリンク
おかげさまで
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブクログ
ブログ内を検索
Twitter
ランキングに参加してみました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ アイロンビーズへ
にほんブログ村 雑貨ブログ おもしろ雑貨へ
楽天市場
amazon(nanoblock)
amazon(パーラービーズ)
amazon(LaQ)
楽天トラベル