日々これ好日。 2020年10月
FC2ブログ

あずかりやさん/大山淳子

先日、あずかりやさん/大山淳子
を読みました。

『あずかりやさん/大山淳子』

(画像クリックすると楽天ブックスへ移動し詳細がご覧になれます。)


-内容-
(ネタバレ注意)「BOOK」データベースより
「一日百円で、どんなものでも預かります」。
東京の下町にある商店街のはじでひっそりと
営業する「あずかりやさん」。
店を訪れる客たちは、
さまざまな事情を抱えて「あるもの」を
預けようとするのだが…。
「猫弁」シリーズで大人気の著者が紡ぐ、
ほっこり温かな人情物語。


-感想-
1日百円で何でも預かってくれる
あずかりやさん。そのあずかりやさんの
店主ではなく、物や生き物の視点で
物語が進んでいきます。ちょっと斬新。
時にはあずかられるものの視点もあって
なかなかそれが面白い。
5編あってちょっぴり悲しい話から
ほっこりする話までありますが、
視点が物や生き物なので淡々と
話が進んでいきサクッと読めました。
この作品毎回語り手が変わるので
その点もすごくおもしろかった。
そして「社長」、店主に出会えてよかった!


スポンサーサイト



テーマ : 本の紹介
ジャンル : 趣味・実用

四川麻婆豆腐らーめん 一政/大阪府門真市

先日、大阪府門真市にある
「四川麻婆豆腐らーめん 一政」で
お昼を食べてきました。


『四川麻婆豆腐らーめん 一政』
20201014_smdrim_01.jpg


『担々麺』と『麻婆丼(小)』
20201014_smdrim_02.jpg


『杏仁豆腐』
20201014_smdrim_05.jpg


『担々麺』
20201014_smdrim_03.jpg

麺は中麺のストレート。
具材は肉みそ、水菜、刻みネギにラーメンに
合うように作られた辣油。
スープは中華と和風のスープをベースに
ゴマが効いてます。ピリッと辛いながらも
ゴマの風味が効いていて辣油のアクセントが
あり、具材と一緒に麺をすすると
そこにシャキシャキの水菜と刻みネギが
いい仕事してました。個人的には好きです。


『麻婆丼(小)』
20201014_smdrim_04.jpg

自宅では子供たちに合わせてあまり
辛い麻婆豆腐が食べられないため、
こういったお店で食べる麻婆豆腐は
楽しみでありません。
注文時に辛さも選べるようですが、
わたしは普通の辛さでの注文。
食べると後からじわぁ~っと来る辛さが
後を引き手が止まりませんでしたwww

サービスで頂いた『杏仁豆腐』は
食べたどちらも辛かったので甘さが際立ち
口直しのデザートに最高でした。


20201014_smdrim_06.jpg

麻婆豆腐もまた食べたいですが、
『汁なし担々麺』や『坦々つけ麺』も
とても魅力的・・・・



四川麻婆豆腐らーめん 一政
(情報更新日 令和2年10月14日)
【場所】
・大阪府門真市末広町7-12
【連絡先】
・06-6902-2377
【営業時間】
・11:30~15:00
・18:00~23:00
【定休日】
・月曜日
【駐車場】
・無

テーマ : 日記だよ
ジャンル : 趣味・実用

倒れるときは前のめり ふたたび/有川ひろ

倒れるときは前のめり ふたたび/有川ひろ
を読みました。

『倒れるときは前のめり ふたたび/有川ひろ』

(画像クリックすると楽天ブックスへ移動し詳細がご覧になれます。)

-内容-
前作の「倒れるときは前のめり」につづく
第2段のエッセイ集。有川さんのペンネームが
変わったいきさつや、書籍が作られるに
あたっての有川さんの考え方なんかも
かかれていて、ただ楽しく読んでいた物も
こういう考えや思いがあって作られていたのか
と思いながら読みました。個人的には
エッセイ集ってもっとサクッと読める物だと
思っていたのですが、このエッセイ集は
書籍文化のことやネット社会のことなど
結構考えさせらることもあり、少し色んな
ことを考えるきっかけになりました。
途中出てくる、「好き」は言っても
「嫌い」は言わないでは当たり前のこと
だけど胸に刺さる内容だったし、
「本は心を耕す」って言葉はすごく好きです。

今回のエッセイに収録されている
短編小説の「彼女の本棚」は前作の
エッセイ集に収録されている「彼の本棚」
と対になっているお話で前作を読んでから
「彼女の本棚」を読むとお互いの心の心情が
わかってとてもよかったです。
もう一つの「サマーフェスタ」は
ピュアな初恋からUターン就職の難しさ、
大人になり切れなかった男の子の
やりきれない別れ・・ほろ苦い短編集でした。
なんかちょっと学生時代を思いだした・・・


テーマ : 本の紹介
ジャンル : 趣味・実用

旅屋おかえり/原田マハ

先日、旅屋おかえり/原田マハ をよみました。

『旅屋おかえり/原田マハ』

(画像クリックすると楽天ブックスへ移動し詳細がご覧になれます。)



-内容-
(ネタバレ注意)「BOOK」データベースより
あなたの旅、代行します!売れない崖っぷち
アラサータレント“おかえり”こと丘えりか。
スポンサーの名前を間違えて連呼したことが
原因でテレビの旅番組を打ち切られた
彼女が始めたのは、人の代わりに
旅をする仕事だった―。
満開の桜を求めて秋田県角館へ、
依頼人の姪を探して愛媛県内子町へ。
おかえりは行く先々で出会った人々を
笑顔に変えていく。感涙必至の“旅”物語。


-感想-
物語はある程度の話の展開が読めちゃう
凄く楽しく読みやすい作品でした。
旅屋とは言うなれば今の時代に合った
「リモート旅」とでも表せそうな
旅代行の仕事、でもこれってこの
アラサータレント「おかえり」の性格
だからこそ成り立つ仕事なんだと思います。
行きたくても行けない旅をこんなにも
丁寧にそして心に残る旅にして
くれるんだったらもし私も旅に行けなく
なった時に頼んでみたいと思いました。
角館や内子町に行く話は、読んでいると
一度その場所へ旅に行きたくなるくらい
その町が魅力的に書かれています。
全体を通して楽しくさらっと読めました。
あぁ、久しぶりに旅をしたくなった・・・


テーマ : 本の紹介
ジャンル : 趣味・実用

四百三十円の神様/加藤元

先日、四百三十円の神様/加藤元 をよみました。

『四百三十円の神様/加藤元』

(画像クリックすると楽天ブックスへ移動し詳細がご覧になれます。)



-内容-
(ネタバレ注意)「BOOK」データベースより
“助けて。一生のお願いだから”
夜明けの牛丼屋。バイトの岩田が
眠気と戦っていると、派手な女が転がり
込んできた。懇願する彼女に
一体なにが!?(「四百三十円の神様」)
動物病院に立派な刺青を入れた
老人がやってきた。クセのある彼は
弱った拾い猫を次々と連れてくる。
だが、彼は急に姿を見せなくなり、
心配した獣医が彼の家を訪ねると!?
(「いれずみお断り」)
心を揺さぶる、注目女性作家の珠玉短編集。


-感想-
短編7編の構成のこの作品。表題作も
面白かったですが、「腐ったたぬき」の
意外な話の流れからのそっちかいっ!
って展開や「いれずみお断り」の
獣医さんと刺青を入れた老人との関係や
娘さんとのラストなんかも時に
そうすることも正解だななんて思いました。
「鍵は開いた」の話の展開が
ちょっと好きかも。ただ全体的に
登場する夫や父がまぁだらしないというか
とんでもない男性陣ばかりで読んでて
こっちが申し訳なく思っちゃうくらい
ダメダメな男性陣でした・・・・
加藤元さんの作品は初読みだったので
他の作品の男性陣も基本的には
こんな感じなんだろうか・・・
とにもかくにもさらっと読める短編集でした。



テーマ : 本の紹介
ジャンル : 趣味・実用

本日のメニューは。/行成薫

先日、本日のメニューは。/行成薫 をよみました。

『本日のメニューは。/行成薫』

(画像クリックすると楽天ブックスへ移動し詳細がご覧になれます。)


-内容-(ネタバレ注意)「BOOK」データベースより
入院中の父に中華そばを出前したい
二人の子どもと、変わり者の大人たちが
起こした奇跡(「四分間出前大作戦」)。
マズメシ母に悩まされる女子高生と、
おむすび屋の女性店主の
愛情(「おむすび狂詩曲」)。
底なし大食い男の葛藤と、
デカ盛り定食を作り続ける頑固親父の
秘めた過去(「闘え!マンプク食堂」)。
熱々の美味しい料理と、
それを取り巻く人間ドラマに
食欲も涙腺も刺激される、5つの極上の物語。


-感想-
短編5編の構成のこの作品。グルメと人情ドラマ
がテーマだと思ってたけど、現代社会にある
個人経営飲食店の高齢化&跡継ぎ問題や
以前からある郊外型複合施設の充実による
飲食店を含む商店街の問題なども見え隠れ
していました。どの話もよかったけど、
「おむすび狂詩曲」の母と娘、娘と娘、
母と母の不思議なつながりが面白かった
「或る洋食屋の一日」「ロコ・モーション」の
意外なつながりがよかった。
「或る洋食屋の一日」を読み終わったとき
あれっ?あれは消化しないままなの?
ってのがあったんですが、あとの
「ロコ・モーション」できっちり回収して
なんだかすごくすっきりした読み終わりに・・・
一つ言えることはこういったグルメが
話に入ったものを読むとお腹が減る・・・・


テーマ : 本の紹介
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

おりおりパパ

Author:おりおりパパ
ひっそりとぶつぶついってます。
家族:おりおりママ(嫁)
    おりおり(息子)
    おりりん(娘)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ブログリンク
サイトリンク
おかげさまで
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブクログ
ブログ内を検索
Twitter
ランキングに参加してみました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ アイロンビーズへ
にほんブログ村 雑貨ブログ おもしろ雑貨へ
楽天市場
amazon(nanoblock)
amazon(パーラービーズ)
amazon(LaQ)
楽天トラベル