日々これ好日。 2020年02月15日
FC2ブログ

記憶屋/織守きょうや

先日、記憶屋/織守きょうや をよみました。

『記憶屋/織守きょうや』

(画像クリックすると楽天ブックスへ移動し詳細がご覧になれます。)



-内容-
(ネタバレ注意)「BOOK」データベースより
大学生の遼一は、想いを寄せる先輩・杏子の
夜道恐怖症を一緒に治そうとしていた。
だが杏子は、忘れたい記憶を消してくれる
という都市伝説の怪人「記憶屋」を
探しに行き、トラウマと共に遼一の
ことも忘れてしまう。
記憶屋など存在しないと思う遼一。
しかし他にも不自然に記憶を失った人が
いると知り、真相を探り始めるが…。
記憶を消すことは悪なのか正義なのか?
泣けるほど切ない、
第22回日本ホラー小説大賞・読者賞受賞作。



-感想-
「記憶屋」という正体のわからない
都市伝説を追うちょっとミステリアスな
ホラー小説かと思っていたのですが
読んでみたら青春ホラー小説。
切ないラストの後に表紙のイラストを見ると
なんとなく伝わってくる切なさが・・・

本作自体は大まかに4つに分かれていて
どの話もよかったのですが、高原弁護士の
人間的強さには少しあこがれつつも
自分には到底できないすごい覚悟だなと
素直に思いちょっとぐっと来た。

記憶を消すことができる「記憶屋」
確かに私だって持っている
いやな記憶なんて消し去ってしまえば
どんなに楽か!とこの本を読むまで
思っていたのですが、記憶を消された人の
周りの人のことまでは考えも及ばなかった。
「記憶屋」に記憶を消されることによって
その記憶に関係した人たちのことまで
忘れてなかったことになってしまう・・・
なんかそれも切ない。
「大切なものを守るために記憶を消したい」
と願う人々と記憶を消された恐怖を知る
遼一の思い・・・読んでてどちらの思いも
理解できてある意味消化不良ですwww



-登場人物-
【吉森遼一】
  大学生。
【澤田杏子】
  遼一の大学の1学年上の先輩。
【河合真希】
  遼一の幼馴染。
【高原智秋】
  遼一の大学OBの弁護士。
【外村篤志】
  元クラブのボーイ。
  高原法律事務所の家政夫。
【安藤七海】
  高原のクライアントの娘。
【佐々操】
  女子高校生。
  関谷要の幼なじみ。
【関谷要】
  男子高校生。
  佐々操の幼なじみ。
【関谷正】
  関谷要の叔父。



スポンサーサイト



テーマ : 本の紹介
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

おりおりパパ

Author:おりおりパパ
ひっそりとぶつぶついってます。
家族:おりおりママ(嫁)
    おりおり(息子)
    おりりん(娘)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ブログリンク
サイトリンク
おかげさまで
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブクログ
ブログ内を検索
Twitter
ランキングに参加してみました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ アイロンビーズへ
にほんブログ村 雑貨ブログ おもしろ雑貨へ
楽天市場
amazon(nanoblock)
amazon(パーラービーズ)
amazon(LaQ)
楽天トラベル