日々これ好日。 2014年04月27日
FC2ブログ

ビブリア古書堂の事件手帖5/三上延

先日、ビブリア古書堂の事件手帖5 ~栞子さんと繋がりの時~ /三上延
をよみました。

ビブリア古書堂の事件手帖5 ~栞子さんと繋がりの時~ /三上延

(画像クリックすると楽天ブックスへ移動し詳細がご覧になれます。)


-内容-
4巻の終わりで栞子の母が出てきて急展開が期待されたところで
終わっていたので楽しみにしていたこの5巻(やっと出版)・・・
でもプロローグから読者に核心をつく話をすると見せかけての
引き伸ばし・・・くぅ~気になるじゃないか~の読み始めです。
各話とも読み応えがあり、読んでいて真相はこういうことなのかな?
なんて思って読んでいてもその真相のさらに奥に真相があったりと
栞子さんと大輔の恋の物語としての作品だけではなく本にちなんだ
ミステリーも読みごたえがあります。
2話目の「ブラックジャック」をテーマにした話はわたしが
ブラックジャックを読んだことあるだけにすごく興味深い話で
面白かったです。プロローグの結末はきちんと解決したので
すっきりはしたのですが、巻の最後の最後でこれまた新たな
展開を予感させる終わり方をしてるんですよ・・・。
ほんとに気になる!またこの気持ちで6巻を待たねばならぬとは・・・。


-登場人物-(wikiから引用)
【五浦大輔】
  本作の主人公にして、語り手。23歳の男性。
【篠川栞子】
  本作のもう1人の主人公で、探偵役にあたる。
  北鎌倉の古本屋「ビブリア古書堂」の女店主。25歳。
  物語開始(第1巻第1話)の前年に前店主の父親を亡くし、店を継いだ。
【篠川文香】
  栞子の妹。大輔の母校に通う高校生。
【篠川智恵子】
  栞子・文香の母。10年前に失踪し、行方不明のままである。
  容姿は栞子と非常に似ている。
【志田】
  ビブリア古書堂の常連客の男で、せどり屋。
  ホームレスで、鵠沼の橋の下に住んでいる。
【宮内多実子】
  「彷書月刊」を売っては買い戻しをしているご婦人。
【滝野蓮杖】
  港南台にある「滝野ブックス」の息子。
  古書市場では経営員を務めている。
【滝野リュウ】
  滝野蓮杖の妹
【真壁菜名子】
  篠川栞子や滝野リュウの大学の後輩。
【真壁慎也】
  真壁菜名子の弟
【門野澄夫】
  栞子から「ビブリア古書堂」に出入り禁止をいわれた人物。
【門野幸作】
  門野澄夫のひとつ上の兄。
【門野勝巳】
  門野澄夫の一番上の兄。
【門野久枝】
  門野澄夫の妻。







↓応援クリックしていただけるとうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



テーマ : 本の紹介
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

おりおりパパ

Author:おりおりパパ
ひっそりとぶつぶついってます。
家族:おりおりママ(嫁)
    おりおり(息子)
    おりりん(娘)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ブログリンク
サイトリンク
おかげさまで
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブクログ
ブログ内を検索
Twitter
ランキングに参加してみました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ アイロンビーズへ
にほんブログ村 雑貨ブログ おもしろ雑貨へ
楽天市場
amazon(nanoblock)
amazon(パーラービーズ)
amazon(LaQ)
楽天トラベル