空飛ぶタイヤ(文庫版)/池井戸潤

先日、空飛ぶタイヤ(文庫版)/池井戸潤 をよみました。

空飛ぶタイヤ(文庫版)/池井戸潤


(画像クリックすると楽天ブックスへ移動し詳細がご覧になれます。)

-内容-(ネタバレ注意)
走行中のトレーラーのタイヤが外れて歩行者の母子を
直撃した。ホープ自動車が出した「運送会社の整備不良」の
結論に納得できない運送会社社長の赤松徳郎。
真相を追及する赤松の前を塞ぐ大企業の論理。
家族も周囲から孤立し、会社の経営も危機的状況下、
絶望しかけた赤松に記者・榎本が驚愕の事実をもたらす。
(「BOOK」データベースより)

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 趣味・実用

アンマーとぼくら/有川浩

先日、アンマーとぼくら/有川浩 をよみました。

アンマーとぼくら/有川浩
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
(画像クリックすると楽天ブックスへ移動し詳細がご覧になれます。)

-内容-
有川さんの作品は社会派ストーリーや甘々恋愛物
ってイメージが強かったんですが今回のテーマは
「家族の絆」。最初に北海道での話ががちらっと
ありますが沖縄を舞台として描かれています。
かりゆし58の「アンマー」から着想をえて
書き下ろしたそうで、読んでいると沖縄を感じます。
一度だけ旅行で行ったことがあるんですが、
読み進めるとちょっと旅した気分になりました。

リョウちゃんのお父さんがこれまた子供っぽくて
読んでてたまにおいおい~ってなるんですが、
それもまたひっくるめて憎めない人なんだなと
そしてそれも全部分かったうえで「お母さん」と
「おかあさん」は好きになったのかなと・・・

読み進めるとかなり不思議な感じで進みますが、
最後は納得というかえっ!そうなるの!
って感じなのですがそれもまたよかった。

家族っていろんな形があるんだろうけど、
家族っていいなと素直に思える作品でした。


-登場人物-(ネタバレ注意)
【坂本竜馬】
  普段はリョウちゃん(リョウくん)と呼ばれている。
【坂本克己】
  リョウちゃん(リョウくん)のお父さん。
【坂本律子】
  リョウくんのお母さん。
【坂本晴子】
  リョウちゃんのおかあさん。
【金城】
  沖縄の小学校の同級生。
  あだ名は金ちゃん。

続きを読む

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 趣味・実用

倒れるときは前のめり/有川浩

先日、倒れるときは前のめり/有川浩 をよみました。

倒れるときは前のめり/有川浩

(画像クリックすると楽天ブックスへ移動し詳細がご覧になれます。)

-内容-
有川さんの初エッセイ?リアル有川さんが読めます!
書籍などの創作の裏側が読めたり、有川さんの好きな
本や映画の事なんかも書いてあって、
あぁ~こういう感じの人が書いてるのか~と
あらためて思いました。わたしは読んだことはあるんですが、
今は入手困難な「ほっと文庫」に収録された短編
「ゆず、香る」と片思いがテーマの恋愛掌編「彼の本棚」も
特別収録されていたので2度?3度美味しい一冊となっています。







↓応援クリックしていただけるとうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 趣味・実用

だれもが知ってる小さな国/有川浩

先日、だれもが知ってる小さな国/有川浩 をよみました。

だれもが知ってる小さな国/有川浩

(画像クリックすると楽天ブックスへ移動し詳細がご覧になれます。)

-内容-
正直言いますとコロボックル物語シリーズを一度も読んだことが
なかったのと、村上勉さんの絵が少し苦手で、
今回の「だれもが知ってる小さな国」を買ってから読むまで
少し時間がかかりましたが、読んでしまったらあっという間でした。
コロボックルの世界観が少しずつわかっていける内容で
コロボックルとはち屋の話かと思ってたら、しっかり有川さん
ワールドとして物語は成立していて、若干年齢層は
若くなりすぎたけど独特の甘~い世界は健在でした。
ヒコとヒメとミノルのほのぼのとした場面もハラハラと
していく展開も一気に読んでしまった要素だったかもしれません。
最終的にいろいろなことが語られますが、
えっ!そうだったのか!何っ!そんなことになってたの?
なんて読んでるこちらもヒコ以上にビックリする展開でした。
後かあら思えば伏線だらけなんですがね・・・・
コロボックル物語を読んだことない人でもさくっと読めて心温まる
話って感じの本なので是非!親子でも読んでもらいたい一冊です。


-登場人物-
【ヒコ】
  『はち屋』の子供。
【ヒメ】
  ヒコが北海道にいる間に通う小学校に
  引っ越してきた女の子。
【ハリー】
  ヒコの前に現れた小さな友達。
【ミノル】
  植物の散策中に出会った青年?







↓応援クリックしていただけるとうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 趣味・実用

スカラムーシュ・ムーン/海堂尊

スカラムーシュ・ムーン/海堂尊 を読みました。

スカラムーシュ・ムーン/海堂尊

(画像クリックすると楽天ブックスへ移動し詳細がご覧になれます。)

-内容-(ネタバレを含みます。)
帯の「ワクチン戦争」が勃発するってタイトルからどんな
話になるんだろうとワクワクしながら読み始めると、
養鶏場の娘、運送会社の息子、獣医の息子が登場し
ほのぼのモードから一転、彦根が登場すると舞台はどんどん
飛躍し海外まで行っちゃってます。今作はページ数が
結構合ったので登場人物もたくさん。そして「桜宮サーガ」の
集大成って行っていいくらいいくつもの残された物語が
この作品に引き継がれています。「ナニワモンスター」の
続編を彦根目線から話が進むのかと思って点で
前作までを読んでいたわたしにとってはとても楽しく読めました。
普段の作品では重要な脇役っぽい感じの印象でしたが
ちょっとしか出てこなかったのでわからなかったんですが、
改めて彦根の人間っぽいところが読んでいて面白かったです。
とにかく登場人物の多さと過去の作品が絡み合うので
とても読み応えのある作品でした。もうこれで「桜宮サーガ」が
終わりなのかと思うとちょっぴり寂しい気もします・・・・。


-登場人物-
【彦根新吾】
  房総救命救急センター診断課・病理医
  東城大Aiセンター副センター長
  日本医師会医療安全検討会の嘱託委員
  浪速大ワクチンセンター非常勤兼任講師。
  浪速大学医学部社会防衛特設講座特任教授
  浪速府庁特別相談役
  銀縁眼鏡に銀色のヘッドフォン
  通り名「スカラムーシュ」
【桧山シオン】 
  ジュネーブ大学放射線ユニット特任准教授
【名波まどか】
  加賀大学文学部院生
  ナナミエッグの社長の娘
  ナナミエッグ広報担当
  後にプチエッグ・ナナミの社長
【真砂拓也】
  加賀大学工学部院生
  真砂運送の跡取り息子
  後に真砂エクスプレス社長
【鳩村誠一】
  加賀大学獣医学部6年生
  鳩村獣医院の跡取り息子
【名波龍造】
  ナナミエッグ社長、まどかの父親
【真砂耕司】
  真砂運送の社長、拓也の父親
【野坂美代治】
  加賀大学文学部教授
【前田】
  ナナミエッグの庶務係
【清瀬】
  ナナミエッグから出向中のGPセンター現場主任
【真由子】
  ナナミエッグ従業員
【柴田】
  真砂運送の運転手

【宇賀神義治】
  浪速大ワクチンセンター2代目総長
【樋口】
  浪速大ワクチンセンター副総長
【日高】
  浪速大ワクチンセンター事務
【真崎】
  浪速大ワクチンセンター案内係

【村雨弘樹】
  浪速府知事、「日本独立党」を結成







↓応援クリックしていただけるとうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 趣味・実用

キャロリング/有川浩

先日、キャロリング/有川浩 をよみました。

キャロリング/有川浩

(画像クリックすると楽天ブックスへ移動し詳細がご覧になれます。)

-内容-
大和俊介が勤める『エンジェル・メーカー』が経営不振のために
12月25日で「クリスマス倒産」することになった。
エンジェルメーカーで副業として行ってる学童保育に来ている
田所航平が自分の両親の不仲を何とかしようと奮闘することを
手伝うことになった大和や柊子。田所の父が勤める横浜に
ある整骨院にいくことになるんですが、なんか物語がもの
凄いスピードで展開されていきます。プロローグであれっ!
なんでこんな展開になる!って感じで読み始めたんですが
あれよあれよと気がつけばもうプロローグのところに追いつき
あぁ~そういう流れであんな場面になったんだとひとまず納得。
最後にはクリスマス?らしく小さな奇跡が起こります。
田所家には結果的にはよかったのかもしれない奇跡。
『エンジェル・メーカー』にはえっ!そっち!って感じの奇跡。
そして、大和と柊子にも期待を裏切らない奇跡が・・・
クリスマスの夜にほんのり切なかったり、意外だったり、
心温まる小さな奇跡が起きます。個人的には憎めない
あのグループにもわずかな奇跡が起きてほしいとちょっぴり
思いました。季節はずれに読みましたがなかなか面白かったです。


-登場人物-(Wikiより)
【大和俊介】
  『エンジェル・メーカー』に勤める、32歳。
【折原柊子】
  『エンジェル・メーカー』のデザイナーで、大和と同じ32歳。
【西山英代】
  亡き夫に代わり、『エンジェル・メーカー』を経営している。
【佐々木勉】
  『エンジェル・メーカー』の一番の古株のデザイナー。
  大和の同僚で、大和より1つ上の33歳。
  タヌキの様な体型の童顔で、子供好き。
【朝倉恵那】
  『エンジェル・メーカー』の社員。
  大和の同僚で、大和より1つ上の33歳。
【田所航平】
   学童保育で預けられている小学6年生。
  両親が別居しており、今は母親の圭子の元に居る。
【田所圭子】
  航平の母親。「ステラ化粧品」に勤める、キャリアウーマン。
【田所祐二】
  航平の父親。
  横浜にある「坂本整骨院」に勤めている。
【坂本冬美】
  祐二が務める整骨院の院長。
【大嶽正寛】
  坂本整骨院に通う老人。
【赤木守】
  闇金「赤木ファイナンス」社長。
  30歳過ぎだがベビーフェイス。
【レイ】
  赤木ファイナンス唯一の事務員。
【糸山光太】
  赤木ファイナンスの取立て屋。
【石田 猛】
  赤木ファイナンスの取立て屋。







↓応援クリックしていただけるとうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 趣味・実用

明日の子供たち/有川浩

先日、明日の子供たち/有川浩 をよみました。

明日の子供たち/有川浩

(画像クリックすると楽天ブックスへ移動し詳細がご覧になれます。)

-内容-
児童養護施設について漠然とわかっているようで
ちゃんとした知識がないまま読み進めていったんですが、
ほんとにいろんな意味で叩きのめされました。
施設の子供から三田村が言われる「偽善者」「自己満足」
ほんとに心が痛かったです。わたしもわかっている様で
全然理解もしていなかったことに正直ショックでした。
物語は施設で働き始める新任職員やいろんな考えを持ちつつ
日頃の業務をこなすベテラン職員、将来のことを考えなららも
今を生きる子供達・・・・いやほんと読めば読むほど
考えさせれれる作品でした。
正直テーマが「児童養護施設」を舞台に繰り広げられる作品
だったので買うのも、読む始めるのも躊躇しましたが、
読んでみてほんとによかったと思います。
施設の子供が言う「かわいそうだと思ってほしくない」
あらためて自分の価値観で考えてた自分にも気づけました。
感動的で泣ける話ではありますが、子を持つ親や
今思春期の子供にも読んでほしい一冊です。


-登場人物-
【三田村慎平】
  『あしたの家』新任職員。
  児童養護施設に転職した元営業マン。
【和泉和恵】
  『あしたの家』職員。
  愛想はないが涙もろい三年目。
【猪俣吉行】
  『あしたの家』職員。
  理論派の熱血ベテラン。
【福原政子】
  『あしたの家』施設長。
【梨田克彦】
  『あしたの家』副施設長。
【岡崎先生】
  『あしたの家』元職員。
【谷村奏子】
  聞き分けのよい「問題のない子供」といわれている高校生。
【平田久志】
  大人より大人びている高校生。
【坂上杏里】
  ききわけのない子代表の高校生。
【重野温子】
  『あしたの家』の出身者。
【真山欣司】
  『サロン・ド・日だまり』常駐職員。
【渡海一】
  『サロン・ド・日だまり』にたまに遊びに来る
  施設出身者。和泉和恵の同窓生。







↓応援クリックしていただけるとうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

おりおりパパ

Author:おりおりパパ
ひっそりとぶつぶついってます。
家族:おりおりママ(嫁)
    おりおり(息子)
    おりりん(娘)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ブログリンク
サイトリンク
おかげさまで
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブクログ
ブログ内を検索
Twitter
ランキングに参加してみました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ アイロンビーズへ
にほんブログ村 雑貨ブログ おもしろ雑貨へ
楽天市場
amazon(nanoblock)
amazon(パーラービーズ)
amazon(LaQ)
楽天トラベル