日々これ好日。 小説・エッセイ等
FC2ブログ

線は、僕を描く/砥上裕將

先日、線は、僕を描く/砥上裕將 をよみました。

『線は、僕を描く/砥上裕將』

(画像クリックすると楽天ブックスへ移動し詳細がご覧になれます。)


-内容-(ネタバレ注意)
<KADOKAWAオフィシャルサイトより抜粋>
両親を交通事故で失い、喪失感の中に
あった大学生の青山霜介は、アルバイト先の
展覧会場で水墨画の巨匠・篠田湖山と出会う。
なぜか湖山に気に入られ、
その場で内弟子にされてしまう霜介。
それに反発した湖山の孫・千瑛は、
翌年の「湖山賞」をかけて霜介と
勝負すると宣言する。
水墨画とは、筆先から生みだされる
「線」の芸術。描くのは「命」。
はじめての水墨画に戸惑いながらも
魅了されていく霜介は、
線を描くことで次第に恢復していく。
そして一年後、千瑛との勝負の行方は。


-感想-
水墨画を題材にした小説。
そもそも水墨画自体をあまり
よくわからないまま読み始めたんですが、
読み進めるにしたがって物語に必要な
水墨画の世界ってのも徐々にわかってくるし
その水墨画を主人公の霜介になぜ湖山先生が
内弟子にしてまでそれを教えたかったのか
次第にわかってくるのですが、それがまたいい。

湖山先生の言う「できることが目的じゃないよ。
やってみることが目的なんだ。」って言葉や
「・・・成功を目指しながら、数々の失敗を
大胆に繰り返すこと。そして学ぶこと。
学ぶことを楽しむこと。
失敗からしか学べないからね。」などなど。
もちろん霜介に言ってる言葉なんですが、
これって仕事や人生等いろんなことに
あてはまるなぁ~なんて思いました。

水墨画なんかまったく知らなかったのに
読んだ後は少し水墨画を見たくなるような
そんなすてきな小説でした。


-登場人物-(ネタバレ注意)
【青山霜介】
  主人公。大学生
【篠田湖山】
  水墨画家。日本を代表とする芸術家。
【篠田千瑛】
  水墨画家。花卉画を得意とする。
【西濱湖峰】
  水墨画家。湖山門下の二番手。
  風景画を得意とする。
【斉藤湖栖】
  水墨画家。湖山賞最年少受賞者。
  完璧な技術を有する。
【藤堂翠山】
  水墨画家。湖山も一目置く絵師。
【古前】
  大学生。霜介の自称・親友。
【川岸】
  大学生。霜介と同じゼミ。しっかり者。


スポンサーサイト



テーマ : 本の紹介
ジャンル : 趣味・実用

氷獄/海堂尊

先日、氷獄/海堂尊 をよみました。

『氷獄/海堂尊』

(画像クリックすると楽天ブックスへ移動し詳細がご覧になれます。)


-内容-(ネタバレ注意)
<KADOKAWAオフィシャルサイトより抜粋>
バチスタ裁判、開廷。検察組織に
メスを入れる、医療×司法エンタメ!

手術室で行われた前代未聞の
連続殺人「バチスタ・スキャンダル」。
被疑者の担当となった
新人弁護士・日高正義は、
有罪率99.9%を誇る検察司法の歪みに、
正義のメスを入れる!

医療と司法の正義を問う、
リーガル×メディカル・エンタテインメント!


-感想-
「桜宮サーガ」のスピンオフ作品の
短編が3本と「チーム・バチスタ」の
その後を描いた中編1本の構成で、
「双生」、「星宿」、「黎明」の
短編3本は以前の作品を思いだしながら
あぁ~こういうやり取りもあったんだ!
とかあの後はこういうことになってたんだ!
と少しずつ「桜宮サーガ」の世界観を
取り戻しつつ「氷獄」を読み始めると
もう、お腹がいっぱいになるくらいに
オールキャスト勢揃いの内容に
裁判の行方以上に次誰が出てくるんだっ!
とワクワクしながら読み進めてしまいました。
医療vs.司法の闘いも興味深い内容でした。
「北の案件」にも日高正義が絡んでいたなんて
思いもよらず、極北シリーズを
読み返さなければと思ってしまった。
相変わらずの田口センセに
ロジカルモンスター白鳥にふれ、
「桜宮サーガ」の再始動を心から
嬉しく思いました。ただ、これだけは
言っておきたい日高正義よりも
私の方が白い服を着た殉教者からの
連絡を心待ちにしていると・・・


テーマ : 日記だよ
ジャンル : 趣味・実用

コンビニ人間/村田紗耶香

先日、コンビニ人間/村田紗耶香 をよみました。

コンビニ人間/村田紗耶香

(画像クリックすると楽天ブックスへ移動し詳細がご覧になれます。)


-内容-(背表紙より抜粋)
「いらっしゃいませー!」お客様
がたてる音に負けじと、私は叫ぶ。
古倉恵子、コンビニのバイト歴18年。
彼氏なしの36歳。日々コンビニ食
を食べ、夢の中でもレジを打ち、
「店員」でいるときのみ世界の歯車に
なれる。ある日婚活目的の新入り
男性・白羽がやってきて・・・・・。
現代の実存を軽やかに問う
第155回芥川賞受賞作


-感想-
「普通」って何?
を考えさせられる作品でした。
今も昔もマニュアル人間ってのは
ありますがこの作品の登場人物は
それの斜め上をいくコンビニ人間。
全てのことがコンビニを中心に
考えられていて読み進めるほどに
少し違和感を抱きながらも、
これって少し違うかもしれないが
「天職」ってこういうことなのじゃないかと
思いました。誰しも自分が好きな
仕事であればその仕事をすることを
中心に何事も考えることもあるだろうし、
それが他人から見れば「普通」じゃない
ってなればじゃあ「普通」って何?
ってなってしまう・・・
ただこの作品の主人公「古倉恵子」が
「コンビニ」という職を与えられた
ことによってこの社会で生きているって
感じられるなら「古倉恵子」にとっての
「普通」がそれなんだと思う。
読み終えた後も「普通」とはと
聞かれるとはっきりとした答えは
こたえられないがその人にとって
自然なことならそれが「普通」なのかな
と思いました。今の社会性は色んなものが
多様可していくわりには、大多数の
「普通」を押し付けてそれにあわないと
「社会不適合者」をなる・・・
結局、「古倉恵子」もみんなの言う
「普通」を求めた結果が「コンビニ店員」
だっただけなんだと・・・
まさかこの作品のタイトル「コンビニ人間」
でこういったことを考えるとは
思ってもいなかったので、
意外で深い作品でした・・・・・


-登場人物-(ネタバレ注意)
【古倉恵子】
  36歳独身。一人暮らし。
  大学卒業後ずっとコンビニで
  18年間働くアルバイト店員。
【8代目のコンビニ店長】
  常にきびきびしている。
  口は悪いが働きもの。
  30歳男性。
【麻美】
  古倉恵子の妹。
  結婚をしていて子供がいる。
【泉さん】
  古倉と同じコンビニ店員。
  バイトリーダー。
【菅原さん】
  古倉と同じコンビニ店員
  24歳女性。
  バントのボーカルをやっている。
【白羽】
  古倉のバイト先に入ってきた30代半ばの男性。
【ミホ、ユカリ、サツキ】
  地元の友達。


テーマ : 本の紹介
ジャンル : 趣味・実用

下町ロケット ヤタガラス/池井戸潤

先日、下町ロケット ヤタガラス/池井戸潤 をよみました。

下町ロケット ヤタガラス/池井戸潤

(画像クリックすると楽天ブックスへ移動し詳細がご覧になれます。)

-内容-(ネタバレ注意)
<書籍の内容>(小学館の公式サイトより)
「宇宙から大地」編、ついに激突!!
2018年10月放映、
ドラマ「下町ロケット」(TBS日曜劇場)
新シリーズの原作小説『下町ロケット ゴースト』
に連なる、「宇宙から大地」編、
クライマックスへ――!

社長・佃航平の閃きにより、
トランスミッションの開発に乗り出した
佃製作所。果たしてその挑戦は
うまくいくのか――。
ベンチャー企業「ギアゴースト」や、
ライバル企業「ダイダロス」との
“戦い"の行方は――。
帝国重工の財前道生が立ち上げた
新たなプロジェクトとは一体――。
そして、実家の危機に直面した
番頭・殿村直弘のその後は――。

大きな挫折を経験した者たちの
熱き思いとプライドが大激突!
準天頂衛星「ヤタガラス」が導く、
壮大な物語の結末や如何に!?
待望の国民的人気シリーズ第4弾!!

-感想-
ロケットバルブの開発から一つずつ
積み上げていった佃製作所の仕事が
どれ一つとってもなければならなかった
と思えるほど集大成的な話になって
いました。佃製作所の社員が
あきらめることなく使う人のことを考えて
物を作る姿勢がほんとにいいっ!
当然ビジネスとして成立しなければ
ならない物もそれを使う人がいて
初めて成立する云々の話、心に響きました。
気になっていた殿村さんのその後も
きっちり描かれていて、本作はかなり
大団円って感じで読み終えた後、
あぁ~このシリーズ終わっちゃうかぁ~
と思いつつも納得のいく作品でした。
「下町ロケット」シリーズを読み終えた
改めて仕事の姿勢っていうのを教わった
ほんとにいい作品だと思います。
佃社長の熱いところほんとに好きでした。



-登場人物-(wikiから引用)
<佃製作所>
【佃航平】
 社長。
【山崎光彦】
 技術開発部長。
【津野薫】
 営業第一部長。
【唐木田篤】
 営業第二部長。
【江原春樹】
 営業第二部。
【軽部真樹男】
 中堅エンジニア。
【立花洋介】
 トランスミッション開発チーム。
【加納アキ】
 トランスミッション開発チーム。

<帝国重工>
【財前道生】
 宇宙航空部。
【藤間秀樹】
 帝国重工社長。
【的場俊一】
 役員。
【奥沢靖之】
 機械製造部部長。
【佃利菜】
 エンジニア。佃の娘。

<ギアゴースト>
【伊丹大】
 社長。
【島津裕】
 副社長。

<その他>
【殿村直弘】
 稲作農家。元佃製作所経理部長。
【島津裕】
 エンジニア。元ギアゴースト副社長。
【野木博文】
 北海道農業大学教授。
【伊丹大】
 ギアゴースト社長。
【重田登志行】
 ダイダロス社長。







↓応援クリックしていただけるとうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 趣味・実用

玉村警部補の巡礼/海堂尊

先日、玉村警部補の巡礼/海堂尊 を読みました。

玉村警部補の巡礼/海堂尊

(画像クリックすると楽天ブックスへ移動し詳細がご覧になれます。)


-内容-(ネタバレ注意)
<出版社内容情報より>
累計1000万部突破『チーム・バチスタの栄光』
シリーズに登場する“加納&玉村”コンビが、
お遍路道中で難事件を解決! 休暇を利用して
八十八箇所を巡拝する四国遍路に出た
玉村警部補。しかし、なぜか同行してきた
警察庁の加納警視正と、行く先々で出くわす
不可解な事件に振り回され……。
軽やかに跳躍する海堂ワールド、珠玉の
ミステリー四編。
「阿波 発心のアリバイ」お遍路の道中に
遭遇した賽銭泥棒事件。加納警視正は
容疑者となった女の無実を証明できるのか。
「土佐 修行のハーフ・ムーン」十年前に
起きた政治家秘書不審死事件の容疑者には、
鉄壁のアリバイが存在した――。
「伊予 菩提のヘレシー」蚊を信仰する寺で
発見された不審死体。事件性はないかに
思われたが、加納はAiの実施を主張する。
「讃岐 涅槃のアクアリウム」讃岐の
ひょうげ祭りに爆破テロ予告が! しかし、
その背後には巨大な闇組織の暗躍があった・・・。


-感想-
あの名物凸凹コンビが帰ってきた!
玉村警部補と加納警視正のコンビは
前作から読んでいると若干続く内容もあり、
少し割増しで楽しめます。
ただ今作の本筋を四国八十八カ所の巡礼に
おいているので「お遍路」に興味ない人は
少し読みずらい内容になっています。
ただ「お遍路」中に事件がうまい具合?に
盛り込まれ、意外な登場人物があちこちに
出てきて読み進めると、海堂作品に
思いをはせながら読める気がしますwww。
最後に加納警視が言った
『人生はただ一度、歩ける道は一筋のみ。
それはすべて一本につながっている。
人生とは壮大な一筆書きで、遍路は
そのほんの一部にすぎないのだぞ、タマ』
ってセリフに「あぁ~」と玉村警部補と
一緒に納得させられてしまった。


-登場人物-
【加納達也】
 警察庁刑事局刑事企画課電子網監察室室長。
 警視正。
【玉村誠】
 桜宮警察署 警部補。

<阿波 発心のアリバイ>
【宮野浩史】
 テロ組織親玉(企業連続爆破)。
 人生ロンダリングシステム利用で死亡扱い。
【老婆】
 霊山寺の売店の店番。
【豊田】
 大日寺の納経帳の筆記者。
【仲野】
 大日寺の納経帳の筆記者。
【副本部長】
 阿波県警副本部長
【福武】
 阿波県警本部長。
【武藤】
 阿波県警老刑事。
【老婦人】
 賽銭泥棒に間違われた。


<土佐 修行のハーフムーン>
【島崎代議士】
 贈賄容疑。
【北条徹】
 島崎代議士の元第一秘書。
 民友党の重鎮議員。
【須藤】
 島崎代議士の元第二秘書。
 容疑被せられ自殺扱い
【高橋義人】
 財務省次官。
【春日】
 現宿坊善根宿主人。
 同室戸事件捜査元刑事。
【キャサリン】
 善根宿で一緒になったブロンドの若い女性。


<伊予 菩薩のヘレシー>
【島津】
 東城大学医学部放射線科医。
 画像診断エキスパート。
 AI大家(オートプシー・イメージング)。
【田中太郎】
 自堕落亭(名湯宿)主人。
【善導和尚】
 蚊帳寺(慈愛寺)の和尚。
【高梨佐和】
 看護師。
 宿の食事。
 蚊帳寺隣人。
【平野巡査】
 ベテラン。
【大前先生】
 開業医。
 警察医。
【保坂教授】
 伊予大学法医学教室。


<讃岐:涅槃のアクアリウム>
【沢村真魚】
 尾島水族館別館売り子。
【栗田】
 歯科医。
【内田嬢】
 水族館受付。
【永井三奈】
 真魚の中学同級生。
【蛯名】
 酒屋。
 同同級生。







↓応援クリックしていただけるとうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 趣味・実用

下町ロケット ゴースト/池井戸潤

先日、下町ロケット ゴースト/池井戸潤 をよみました。

下町ロケット ゴースト/池井戸潤

(画像クリックすると楽天ブックスへ移動し詳細がご覧になれます。)

-内容-(ネタバレ注意)
<書籍の内容>(小学館の公式サイトより)
大人気シリーズ、待望のシリーズ最新刊!
宇宙(そら)から大地へ。
いま、佃製作所の新たな戦いの幕が上がる!
倒産の危機や幾多の困難を、社長の佃航平や
社員たちの、熱き思いと諦めない姿勢で
切り抜けてきた大田区の町工場「佃製作所」。
しかし、またしても佃製作所は予期せぬ
トラブルにより窮地に陥っていく。
いまや佃製作所のシンボルとなった
ロケットエンジン用バルブシステムの
納入先である帝国重工の業績悪化、
主要取引先からの非情な通告、
そして、番頭・殿村に訪れた危機――。
そんな絶体絶命のピンチを切り抜けるため、
佃が下した意外な決断とは・・・・・・。

大きな挫折を味わってもなお、
前に進もうとする者たちの不屈の闘志と
プライドが胸を打つ!
大人気シリーズ第三弾!!

-感想-
今回は「宇宙から大地へ」とあるように
主に農機具のトランスミッションの話。
序盤で佃社長が思わぬところで窮地を
打開するヒントを得るシーンがあるんですが、
そこが凄くいいっ!わたしも普段から
こういう思考でありたいと思いました。
佃社長の技術者・社長・父そして
静かに熱い男として描かれていて、
さらに社員を思う気持ちにぐっときました。
神谷先生の仕事っぷりも素敵だったし、
途中で出てくる新しい女性の登場人物も必見。
最後はおいおいって感じでしたが、
納得のいく・・・いやっモヤモヤの
残る一冊でした。続きどうなるね~ん!
気になって続刊まで待てない・・・・www



-登場人物-(wikiから引用)
<佃製作所>
【佃航平】
 佃製作所の社長。宇宙科学開発機構の元研究員。
【殿村直弘】
 経理部長。
【山崎光彦】
 技術開発部長。
【津野薫】
 営業第一部長。
【唐木田篤】
 営業第二部長。
【江原春樹】
 営業第二部の社員。
【迫田滋】
 経理部係長。
【軽部真樹男】
 中堅エンジニア
【立花洋介】
 エンジン開発チーム
【加納アキ】
 エンジン開発チーム

<帝国重工>
【財前道生】
 宇宙航空部。
【藤間秀樹】
 帝国重工社長。
【的場俊一】
 役員
【水原重治】
 宇宙航空部本部長。
【佃利菜】
 エンジニア。佃の娘。

<ギアゴースト>
【伊丹大】
 社長。
【島津裕】
 副社長。

<その他>
【中川京一】
 田村・大川法律事務所の弁護士
【神谷修一】
 佃製作所の顧問弁護士。







↓応援クリックしていただけるとうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 趣味・実用

空飛ぶタイヤ(文庫版)/池井戸潤

先日、空飛ぶタイヤ(文庫版)/池井戸潤 をよみました。

空飛ぶタイヤ(文庫版)/池井戸潤


(画像クリックすると楽天ブックスへ移動し詳細がご覧になれます。)

-内容-(ネタバレ注意)
走行中のトレーラーのタイヤが外れて歩行者の母子を
直撃した。ホープ自動車が出した「運送会社の整備不良」の
結論に納得できない運送会社社長の赤松徳郎。
真相を追及する赤松の前を塞ぐ大企業の論理。
家族も周囲から孤立し、会社の経営も危機的状況下、
絶望しかけた赤松に記者・榎本が驚愕の事実をもたらす。
(「BOOK」データベースより)

続きを読む

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

おりおりパパ

Author:おりおりパパ
ひっそりとぶつぶついってます。
家族:おりおりママ(嫁)
    おりおり(息子)
    おりりん(娘)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ブログリンク
サイトリンク
おかげさまで
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブクログ
ブログ内を検索
Twitter
ランキングに参加してみました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ アイロンビーズへ
にほんブログ村 雑貨ブログ おもしろ雑貨へ
楽天市場
amazon(nanoblock)
amazon(パーラービーズ)
amazon(LaQ)
楽天トラベル