日々これ好日。 小説・エッセイ等
FC2ブログ

記憶屋Ⅱ/織守きょうや

先日、記憶屋Ⅱ/織守きょうや をよみました。

『記憶屋Ⅱ/織守きょうや』

(画像クリックすると楽天ブックスへ移動し詳細がご覧になれます。)



-内容-
(ネタバレ注意)「BOOK」データベースより
高校生の夏生はかつて、友人達と一斉に、
記憶を失うという不可解な経験をしていた。
夏生を訪ねてきた猪瀬という新聞記者は、
それは彼が追っている「記憶屋」の
仕業だという。
忘れたい記憶を消してくれる、記憶屋。
夏生は、その行為が悪いことだとは
考えていなかった。だが記憶屋の正体が
親友の芽衣子ではないかと疑われ、
夏生は彼女の無実を証明するために
猪瀬の記憶屋探しに協力するが…。
切ない青春ミステリ、待望の続編。



-感想-
前作の続きと期待して読んだら
主人公も時間軸も違う!
基本的には「記憶」を消したい
人の考えと「記憶」を消された
周りの人とたちの考え方の違いに
翻弄というか考えさせられる
内容だった。個人的な考え方に
なっちゃいますが、中学生の
集団記憶喪失に関しては理解できる
ものの猪瀬記者の考え方もわかる。
後半に出てくるリナに関しては
わたしが男だからなのか少し
理解しがたい内容だった・・・
でもその当事者にとってみたら
「記憶」を消さなきゃ耐えられない
大きな問題だったのだろうか・・・
しかし、前作のあの人はその後
どうするんだ?そもそも
あの後どうなったんだ・・・
しかもⅡ巻終わりに「記憶屋Ⅲ」に
続くだと・・・・気になる・・・
シリーズ最終巻に期待。



-登場人物-
【大崎夏生】
  S中学校生徒。
  K女子大学付属高校生徒。
【上倉芽衣子】
  S中学校生徒。
  K女子大学付属高校生徒。
【猪瀬桔平】
  新聞記者。
【立野真】
  S中学校生徒。
【朝香美冴】
  S中学校養護教諭。
【西川夕】
  S中学校生徒。
【中野沙恵】
  S中学校生徒。
  一年三組。
【西川】
  S中学校図書委員の顧問
【マキ先生】
  S中学校の教育実習生
【片山莉奈】
  読者モデル。
  事務所所属雑誌モデル。
【弥依】
  読者モデル。
  事務所所属雑誌モデル。
【森下青】
  若手アーティスト。
  cyan。
【森下緑】
  若手アーティスト。
  cyan。
【毬谷柊】
  キッチンの貴公子料理人



スポンサーサイト



テーマ : 本の紹介
ジャンル : 趣味・実用

記憶屋/織守きょうや

先日、記憶屋/織守きょうや をよみました。

『記憶屋/織守きょうや』

(画像クリックすると楽天ブックスへ移動し詳細がご覧になれます。)



-内容-
(ネタバレ注意)「BOOK」データベースより
大学生の遼一は、想いを寄せる先輩・杏子の
夜道恐怖症を一緒に治そうとしていた。
だが杏子は、忘れたい記憶を消してくれる
という都市伝説の怪人「記憶屋」を
探しに行き、トラウマと共に遼一の
ことも忘れてしまう。
記憶屋など存在しないと思う遼一。
しかし他にも不自然に記憶を失った人が
いると知り、真相を探り始めるが…。
記憶を消すことは悪なのか正義なのか?
泣けるほど切ない、
第22回日本ホラー小説大賞・読者賞受賞作。



-感想-
「記憶屋」という正体のわからない
都市伝説を追うちょっとミステリアスな
ホラー小説かと思っていたのですが
読んでみたら青春ホラー小説。
切ないラストの後に表紙のイラストを見ると
なんとなく伝わってくる切なさが・・・

本作自体は大まかに4つに分かれていて
どの話もよかったのですが、高原弁護士の
人間的強さには少しあこがれつつも
自分には到底できないすごい覚悟だなと
素直に思いちょっとぐっと来た。

記憶を消すことができる「記憶屋」
確かに私だって持っている
いやな記憶なんて消し去ってしまえば
どんなに楽か!とこの本を読むまで
思っていたのですが、記憶を消された人の
周りの人のことまでは考えも及ばなかった。
「記憶屋」に記憶を消されることによって
その記憶に関係した人たちのことまで
忘れてなかったことになってしまう・・・
なんかそれも切ない。
「大切なものを守るために記憶を消したい」
と願う人々と記憶を消された恐怖を知る
遼一の思い・・・読んでてどちらの思いも
理解できてある意味消化不良ですwww



-登場人物-
【吉森遼一】
  大学生。
【澤田杏子】
  遼一の大学の1学年上の先輩。
【河合真希】
  遼一の幼馴染。
【高原智秋】
  遼一の大学OBの弁護士。
【外村篤志】
  元クラブのボーイ。
  高原法律事務所の家政夫。
【安藤七海】
  高原のクライアントの娘。
【佐々操】
  女子高校生。
  関谷要の幼なじみ。
【関谷要】
  男子高校生。
  佐々操の幼なじみ。
【関谷正】
  関谷要の叔父。



テーマ : 本の紹介
ジャンル : 趣味・実用

トップナイフ/林宏司

先日、トップナイフ/林宏司 をよみました。

『トップナイフ/林宏司』

(画像クリックすると楽天ブックスへ移動し詳細がご覧になれます。)


-内容-
(ネタバレ注意)「BOOK」データベースより
「トップナイフ」とは医師の中でも超一流の
技術を持つ者にのみ与えられる最高の称号。
東都総合病院脳神経外科に集う
凄腕医師たちのまとめ役・深山瑶子、
「世界のクロイワ」黒岩健吾、
「若き天才」西郡琢磨、
頭でっかちの新人・小机幸子。
不可思議な病を抱える患者と出会い、
彼らの人生も変化していく―。
脳外科医たちの苦悩と希望を描く、
感動のヒューマンストーリー。


-感想-
脳外科医と聞くとわたしから見たら
超一流の技術を持った完璧な人と
思っていたのですが、この作品を
読んで脳外科医に限らず超一流な
人でも当たり前のように私たちと
同じような悩みをもった
人間なんだと改めて思いました。

作品に登場してくる4人の先生たちは
知識と技術を引き換えにちょっぴり
生きることに不器用だが人間味のある
素敵な先生たちでした。

全編通していいツッコミをしてくれる
看護師の小沢真凛はいい味出してます。

医療小説と思って読んだら
人間味あふれる先生たちの
ヒューマンストーリーで
あっという間に完読。
おもしろかったです。


-登場人物-(※Wikipediaより)
【深山瑤子】
  東都総合病院 脳神経外科次長。
  脳動脈瘤のスペシャリスト。
  バツイチ。
【黒岩健吾】
  東都総合病院 脳神経外科顧問兼副部長。
  脳腫瘍のスペシャリスト。独身。
【小机幸子】
  東都総合病院 脳神経外科専門研修医。
  東都大学医学部を首席で卒業。
【西郡琢磨】
  東都総合病院 脳神経外科医。
  外科もカテーテルも出来る二刀流。
【小沢真凛】
  東都総合病院 看護師。
【今出川孝雄】
  東都総合病院 脳神経外科部長。


テーマ : 本の紹介
ジャンル : 趣味・実用

線は、僕を描く/砥上裕將

先日、線は、僕を描く/砥上裕將 をよみました。

『線は、僕を描く/砥上裕將』

(画像クリックすると楽天ブックスへ移動し詳細がご覧になれます。)


-内容-(ネタバレ注意)
<KADOKAWAオフィシャルサイトより抜粋>
両親を交通事故で失い、喪失感の中に
あった大学生の青山霜介は、アルバイト先の
展覧会場で水墨画の巨匠・篠田湖山と出会う。
なぜか湖山に気に入られ、
その場で内弟子にされてしまう霜介。
それに反発した湖山の孫・千瑛は、
翌年の「湖山賞」をかけて霜介と
勝負すると宣言する。
水墨画とは、筆先から生みだされる
「線」の芸術。描くのは「命」。
はじめての水墨画に戸惑いながらも
魅了されていく霜介は、
線を描くことで次第に恢復していく。
そして一年後、千瑛との勝負の行方は。


-感想-
水墨画を題材にした小説。
そもそも水墨画自体をあまり
よくわからないまま読み始めたんですが、
読み進めるにしたがって物語に必要な
水墨画の世界ってのも徐々にわかってくるし
その水墨画を主人公の霜介になぜ湖山先生が
内弟子にしてまでそれを教えたかったのか
次第にわかってくるのですが、それがまたいい。

湖山先生の言う「できることが目的じゃないよ。
やってみることが目的なんだ。」って言葉や
「・・・成功を目指しながら、数々の失敗を
大胆に繰り返すこと。そして学ぶこと。
学ぶことを楽しむこと。
失敗からしか学べないからね。」などなど。
もちろん霜介に言ってる言葉なんですが、
これって仕事や人生等いろんなことに
あてはまるなぁ~なんて思いました。

水墨画なんかまったく知らなかったのに
読んだ後は少し水墨画を見たくなるような
そんなすてきな小説でした。


-登場人物-(ネタバレ注意)
【青山霜介】
  主人公。大学生
【篠田湖山】
  水墨画家。日本を代表とする芸術家。
【篠田千瑛】
  水墨画家。花卉画を得意とする。
【西濱湖峰】
  水墨画家。湖山門下の二番手。
  風景画を得意とする。
【斉藤湖栖】
  水墨画家。湖山賞最年少受賞者。
  完璧な技術を有する。
【藤堂翠山】
  水墨画家。湖山も一目置く絵師。
【古前】
  大学生。霜介の自称・親友。
【川岸】
  大学生。霜介と同じゼミ。しっかり者。


テーマ : 本の紹介
ジャンル : 趣味・実用

氷獄/海堂尊

先日、氷獄/海堂尊 をよみました。

『氷獄/海堂尊』

(画像クリックすると楽天ブックスへ移動し詳細がご覧になれます。)


-内容-(ネタバレ注意)
<KADOKAWAオフィシャルサイトより抜粋>
バチスタ裁判、開廷。検察組織に
メスを入れる、医療×司法エンタメ!

手術室で行われた前代未聞の
連続殺人「バチスタ・スキャンダル」。
被疑者の担当となった
新人弁護士・日高正義は、
有罪率99.9%を誇る検察司法の歪みに、
正義のメスを入れる!

医療と司法の正義を問う、
リーガル×メディカル・エンタテインメント!


-感想-
「桜宮サーガ」のスピンオフ作品の
短編が3本と「チーム・バチスタ」の
その後を描いた中編1本の構成で、
「双生」、「星宿」、「黎明」の
短編3本は以前の作品を思いだしながら
あぁ~こういうやり取りもあったんだ!
とかあの後はこういうことになってたんだ!
と少しずつ「桜宮サーガ」の世界観を
取り戻しつつ「氷獄」を読み始めると
もう、お腹がいっぱいになるくらいに
オールキャスト勢揃いの内容に
裁判の行方以上に次誰が出てくるんだっ!
とワクワクしながら読み進めてしまいました。
医療vs.司法の闘いも興味深い内容でした。
「北の案件」にも日高正義が絡んでいたなんて
思いもよらず、極北シリーズを
読み返さなければと思ってしまった。
相変わらずの田口センセに
ロジカルモンスター白鳥にふれ、
「桜宮サーガ」の再始動を心から
嬉しく思いました。ただ、これだけは
言っておきたい日高正義よりも
私の方が白い服を着た殉教者からの
連絡を心待ちにしていると・・・


テーマ : 日記だよ
ジャンル : 趣味・実用

コンビニ人間/村田紗耶香

先日、コンビニ人間/村田紗耶香 をよみました。

コンビニ人間/村田紗耶香

(画像クリックすると楽天ブックスへ移動し詳細がご覧になれます。)


-内容-(背表紙より抜粋)
「いらっしゃいませー!」お客様
がたてる音に負けじと、私は叫ぶ。
古倉恵子、コンビニのバイト歴18年。
彼氏なしの36歳。日々コンビニ食
を食べ、夢の中でもレジを打ち、
「店員」でいるときのみ世界の歯車に
なれる。ある日婚活目的の新入り
男性・白羽がやってきて・・・・・。
現代の実存を軽やかに問う
第155回芥川賞受賞作


-感想-
「普通」って何?
を考えさせられる作品でした。
今も昔もマニュアル人間ってのは
ありますがこの作品の登場人物は
それの斜め上をいくコンビニ人間。
全てのことがコンビニを中心に
考えられていて読み進めるほどに
少し違和感を抱きながらも、
これって少し違うかもしれないが
「天職」ってこういうことなのじゃないかと
思いました。誰しも自分が好きな
仕事であればその仕事をすることを
中心に何事も考えることもあるだろうし、
それが他人から見れば「普通」じゃない
ってなればじゃあ「普通」って何?
ってなってしまう・・・
ただこの作品の主人公「古倉恵子」が
「コンビニ」という職を与えられた
ことによってこの社会で生きているって
感じられるなら「古倉恵子」にとっての
「普通」がそれなんだと思う。
読み終えた後も「普通」とはと
聞かれるとはっきりとした答えは
こたえられないがその人にとって
自然なことならそれが「普通」なのかな
と思いました。今の社会性は色んなものが
多様可していくわりには、大多数の
「普通」を押し付けてそれにあわないと
「社会不適合者」をなる・・・
結局、「古倉恵子」もみんなの言う
「普通」を求めた結果が「コンビニ店員」
だっただけなんだと・・・
まさかこの作品のタイトル「コンビニ人間」
でこういったことを考えるとは
思ってもいなかったので、
意外で深い作品でした・・・・・


-登場人物-(ネタバレ注意)
【古倉恵子】
  36歳独身。一人暮らし。
  大学卒業後ずっとコンビニで
  18年間働くアルバイト店員。
【8代目のコンビニ店長】
  常にきびきびしている。
  口は悪いが働きもの。
  30歳男性。
【麻美】
  古倉恵子の妹。
  結婚をしていて子供がいる。
【泉さん】
  古倉と同じコンビニ店員。
  バイトリーダー。
【菅原さん】
  古倉と同じコンビニ店員
  24歳女性。
  バントのボーカルをやっている。
【白羽】
  古倉のバイト先に入ってきた30代半ばの男性。
【ミホ、ユカリ、サツキ】
  地元の友達。


テーマ : 本の紹介
ジャンル : 趣味・実用

下町ロケット ヤタガラス/池井戸潤

先日、下町ロケット ヤタガラス/池井戸潤 をよみました。

下町ロケット ヤタガラス/池井戸潤

(画像クリックすると楽天ブックスへ移動し詳細がご覧になれます。)

-内容-(ネタバレ注意)
<書籍の内容>(小学館の公式サイトより)
「宇宙から大地」編、ついに激突!!
2018年10月放映、
ドラマ「下町ロケット」(TBS日曜劇場)
新シリーズの原作小説『下町ロケット ゴースト』
に連なる、「宇宙から大地」編、
クライマックスへ――!

社長・佃航平の閃きにより、
トランスミッションの開発に乗り出した
佃製作所。果たしてその挑戦は
うまくいくのか――。
ベンチャー企業「ギアゴースト」や、
ライバル企業「ダイダロス」との
“戦い"の行方は――。
帝国重工の財前道生が立ち上げた
新たなプロジェクトとは一体――。
そして、実家の危機に直面した
番頭・殿村直弘のその後は――。

大きな挫折を経験した者たちの
熱き思いとプライドが大激突!
準天頂衛星「ヤタガラス」が導く、
壮大な物語の結末や如何に!?
待望の国民的人気シリーズ第4弾!!

-感想-
ロケットバルブの開発から一つずつ
積み上げていった佃製作所の仕事が
どれ一つとってもなければならなかった
と思えるほど集大成的な話になって
いました。佃製作所の社員が
あきらめることなく使う人のことを考えて
物を作る姿勢がほんとにいいっ!
当然ビジネスとして成立しなければ
ならない物もそれを使う人がいて
初めて成立する云々の話、心に響きました。
気になっていた殿村さんのその後も
きっちり描かれていて、本作はかなり
大団円って感じで読み終えた後、
あぁ~このシリーズ終わっちゃうかぁ~
と思いつつも納得のいく作品でした。
「下町ロケット」シリーズを読み終えた
改めて仕事の姿勢っていうのを教わった
ほんとにいい作品だと思います。
佃社長の熱いところほんとに好きでした。



-登場人物-(wikiから引用)
<佃製作所>
【佃航平】
 社長。
【山崎光彦】
 技術開発部長。
【津野薫】
 営業第一部長。
【唐木田篤】
 営業第二部長。
【江原春樹】
 営業第二部。
【軽部真樹男】
 中堅エンジニア。
【立花洋介】
 トランスミッション開発チーム。
【加納アキ】
 トランスミッション開発チーム。

<帝国重工>
【財前道生】
 宇宙航空部。
【藤間秀樹】
 帝国重工社長。
【的場俊一】
 役員。
【奥沢靖之】
 機械製造部部長。
【佃利菜】
 エンジニア。佃の娘。

<ギアゴースト>
【伊丹大】
 社長。
【島津裕】
 副社長。

<その他>
【殿村直弘】
 稲作農家。元佃製作所経理部長。
【島津裕】
 エンジニア。元ギアゴースト副社長。
【野木博文】
 北海道農業大学教授。
【伊丹大】
 ギアゴースト社長。
【重田登志行】
 ダイダロス社長。







↓応援クリックしていただけるとうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

おりおりパパ

Author:おりおりパパ
ひっそりとぶつぶついってます。
家族:おりおりママ(嫁)
    おりおり(息子)
    おりりん(娘)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ブログリンク
サイトリンク
おかげさまで
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ブクログ
ブログ内を検索
Twitter
ランキングに参加してみました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ アイロンビーズへ
にほんブログ村 雑貨ブログ おもしろ雑貨へ
楽天市場
amazon(nanoblock)
amazon(パーラービーズ)
amazon(LaQ)
楽天トラベル